AiLab

大阪大学
石黒 浩 教授

【対話エージェント ロボット接客技術】

 

2017年4月より、大阪大学と先端知能システム共同研究講座を開設し、
人と社会において調和的に関わることができる、ロボットを含めた対話エージェントの実現に向け、研究開発を進めております。

研究プロジェクト紹介

① 操作者の能力を向上させる遠隔操作ロボット

労働力人口の減少や都市への人口集中が問題になっている現代において、時間や場所の制約を受けずにサービス業務に従事できることは必要不可欠な社会になると考えています。そこでこの共同研究では、遠隔にいる操作者が、サービス提供場所に設置されたコミュニケーションロボットを、簡単なインタフェースから操作することができる遠隔操作ロボットシステムを開発しています。簡単にロボットを操作できるだけではなく、操作者の能力を拡張することのできる遠隔操作ロボットの研究を進めています。例えば、このロボットを介して接客すれば、接客経験のない人が高い売上をあげられたり、コミュニケーションが苦手な人が利用者の満足度を高められるといった、そのような世界の実現を目指しています。

② 東急不動産HDとの共同プロジェクト:ホテルにおける「おもてなしロボット」

ホテル業務では、宿泊者に対するおもてなし感の醸成がサービス提供の主要な側面のひとつですが、一般におもてなしの提供は人間の専従業務でした。本研究では、この人間が提供してたおもてなしに関するサービスに着眼し、ロボットを実際のホテルにおける対人環境に導入することにより、ロボットにしかできないおもてなし感とはどういうものか、宿泊者がどのようにおもてなし感やホテルへの雰囲気を感じるか、それらに基づき「人間社会におけるロボットの人間へのかかわり方」を研究しています。本研究は、東急不動産グループ様のご協力のもと実施しています。

プレスリリース:人工知能技術の研究開発組織「AI Lab」、大阪大学 石黒教授との共同研究 講座にて、東急不動産ホールディングスとの実証実験を実施 ~ 新しい「おもてなし」と新しい「広告媒体」の実現へ ~

③ 人を立ち止まらせる「呼びかけロボット」

私たちは、接客ロボットに必要な要素技術として「通行人の行動の認識・予測」「通行人の注意を惹き付けるロボットの動作生成」があるという仮説を設定し、今までにホテルのロビーやオフィスで実証実験を重ね、接客ロボットに必要な技術についての効果検証を行ってきました。これからの実証実験では、ロボットが通行する人に株式会社サイバーエージェントのノベルティグッズの推薦を行う中で、主に「通行人をロボットの前に立ち止まらせる動作生成」と「通行人をロボットの前で滞留させる動作生成」についての検証を行います。

プレスリリース:ロボットが案内すると商品の売上がアップ!?AI Lab、大阪南港の複合商業施設ATCで ロボットによる接客・広告の実証実験を実施 ~大阪大学・立命館大学との共同研究グループにて7/16より実験開始~

 

④ 完全選択式チャットボットによる商品推薦

どの商品を買うべきか迷った際に、相談できる相手がいると安心したり買うモチベーションにつながることがあります。そうした相談ができる相手としてチャットボットは信頼してもらえるか、それを明らかにするために、4℃ブランドを展開するFDCプロダクツ様にご協力いただき、4℃オンラインショップにてチャットボットがジュエリープレゼントとしてのを推薦する実証実験を行なっています。

人工知能を活用したチャットボットプラットフォーム「AI Messenger」が、大阪大学 石黒教授との共同研究講座における研究技術を用い、最適な商品提案を行う『ヒアリング&レコメンド機能』の提供を開始

チャットbotでジュエリーの購買率が3倍に!? CAと「4℃」の実証実験、対話AIの秘密に迫る – ITmedia エンタープライズ

「私のためにやってくれている感」 ── サイバーエージェントが科学するボットによる接客コミュニケーション

カスタマサポート支援のための「怒り感情」制御技術

カスタマーサポートなどの感情労働での利用は、テキストチャットの広がりに比べ進んでいるとは言えません。特に技術の低い人が感情労働に携わると、強い心的プレッシャーを受けるなどの問題が起こりやすいことが推察されます。そこで、テキストチャットにおける対話時の「怒り感情」を制御するために、エージェントを対話へ介入させる手法を提案しました。

プレスリリース:人工知能技術の研究開発組織「AI Lab」、大阪大学 石黒教授との共同研究講座にて、「チャットボットによる話者感情制御」に関する特許を共同出願 ~チャットボットがクレーム対応をサポートする時代へ~

研究風景

研究実績

<査読付き国際会議 Conference papers>

I. Kuramoto, J. Baba, K. Ogawa, Y. Yoshikawa, T. Kawabata, H. Ishiguro: Conversational Agents to Suppress Customer Anger in Text-based Customer-support Conversations. In Proc. of 6th annual International Conference on Human-Agent Interaction (HAI 2018), pp.114-121 (2018).

Nakanishi, J., I. Kuramoto, J. Baba, Y. Yoshikawa, K. Ogawa, H. Ishiguro: Can a Humanoid Robot Engage in Heartwarming Interaction Service at a Hotel? In Proc. of 6th annual International Conference on Human-Agent Interaction (HAI 2018), pp.45-53 (2018).

Okafuji, Y., J. Baba, J. Nakanishi: Face-to-Face contact method for humanoid robots using face position prediction, ACM/IEEE International Conference on Human-Robot Interaction (HRI2019), in press, Daegu, Korea(2019).

 

<国内会議・研究会論文>

・倉本 到,馬場 惇,小川 浩平,吉川 雄一郎,川端 貴幸,石黒 浩 (2018).テキストチャットによるクレーム対応における話者の怒り感情を抑制する対話エージェント,研究報告ヒューマンコンピュータインタラクション(HCI),情報処理学会,Vol. 2018-HCI-176, No. 6, pp.1-8. 2018/1/22, 沖縄大学.

・前田 健太郎,中西 惇也,馬場 惇,倉本 到,小川 浩平,吉川 雄一郎,石黒 浩(2018).意思決定時の自己決定感を維持向上させるためのエージェント間対話の周辺提示による情報推薦,ロボティクス・メカトロニクス講演会2018,日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス部門,2A1-C14. 2018/6/5, 北九州市.

・前田 健太郎,中西 惇也,馬場 惇,倉本 到,小川 浩平,吉川 雄一郎,石黒 浩(2018).意思決定時の自己決定感向上のためのエージェント間対話による推薦情報の周辺提示,研究報告ヒューマンコンピュータインタラクション(HCI),情報処理学会,Vol. 2019-HCI-181, No.11, pp.1-8. 2019/1/21, 石垣市.

・岡藤勇希,​馬場惇,中西惇也,倉本到(2019).ヒューマノイドロボットのための顔位置予測を用いた人の顔追従制御,HAIシンポジウム2018,発表予定,2019/3/8, 専修大学.(発表賞)

 

<特許>

[出願中]チャットシステム、サーバ、チャット方法、端末装置およびコンピュータプログラム.特願2017-230682,2017/11/30出願.

[出願中]情報送信システム、情報送信装置、情報送信方法及びコンピュータプログラム.特願2018-105581,2018/5/31出願.

 

関連リンク

先端知能システム共同研究講座(大阪大学 大学院基礎工学研究科+サイバーエージェント)

http://www.frontier.sangaku.es.osaka-u.ac.jp/

 

Contact

お問い合わせ

お問い合わせはこちら