adtech studio

「CA DataFeed Manager」が、 Googleが提供する「広告カスタマイザ」と連携!

shiori By shiori

未分類

みなさま、こんにちは

本日は、リリースのお知らせです!

アドテクスタジオが提供する、データフィードマネジメントサービス

「CA DataFeed Manager(シーエーデータフィードマネージャー)」が

Googleが提供する「広告カスタマイザ」と連携しました!

————————————————————————————————

データフィードマネジメントサービス「CA DataFeed Manager」が、

Googleが提供する「広告カスタマイザ」と連携

~オペレーションコストを削減し、検索連動型広告の広告効果の向上に貢献~

http://www.cyberagent.co.jp/files/user/pdf/150318cadfm.pdf

————————————————————————————————

「CA DataFeed Manager」とは・・・

企業が保有する自社の商品データに基づき、各広告配信先の仕様にあわせ

最適化したデータフィードを生成するツールです。

企業は、本ツールを導入することで、サイト上の商品データを一元管理できるだけではなく、

生成したデータフィードの追加・変更・削除などオペレーションに関する

管理コストの削減も可能となります。

 

「広告カスタマイザ」とは・・・

Googleが2014年10月22日より提供を開始している検索連動型広告です。

広告主企業が保有する商品スペック、価格、プロモーションの時期、対応するキャンペーン、

広告グループ、キーワードといった情報データをもとに、リアルタイムに広告を生成する機能です。

広告カスタマイザを利用することで多数の商品やプロモーションを抱えている広告主企業は、

ユーザーの検索内容や時期に応じて表示される広告文面を自動動的に変更することができます。

 

本連携により、「CA DataFeed Manager」を導入している広告主企業は、

既存のデータフィードを活用し、Googleが提供する「広告カスタマイザ」への広告配信が可能になります。

 

「CA DataFeed Manager」は、当社が開発した検索連動型広告向け統合型運用プラットフォーム

「Search Suite(サーチスイート)」(※1)を通じて「GoogleAdWordsAPI」を活用することで、

「CA DataFeed Manager」にて生成したデータフィードを、「広告カスタマイザ」へ自動的に反映することができ、

オペレーションコストの削減に加え、検索連動型広告の広告効果の向上に貢献いたします。

 

概要図

「CA DataFeed Manager」は、

今後もダイナミックリターゲティング広告やアフィリエイト広告、価格比較サイトなどの配信先を順次拡大させ、

より一層、企業にとって最適なインターネット広告ソリューションを提供してまいります。

※1 Search Suite(サーチスイート)とは、当社が提供する検索連動型広告向け統合型運用プラットフォームです。

    検索連動型広告の運用機能に特化し、各種レポート機能、入札機能等が装備されています。

001