adtech studio

スキルアップゼミ『スマートデバイス向けアプリのマネタイズ研究と実践開発ゼミ』

By taiki

未分類

みなさんこんにちは

本日は、アドテクスタジオで実施しているスキルアップゼミをご紹介します!

 

スキルアップゼミとは…?

2014年6月より発足しているアドテクスタジオ横串活動の1つです。

参加自由の勉強会とは異なり、大学のゼミと同様に少数メンバーにて研究をしています。

研究の成果を事業に活かすことを目的としたゼミ活動で、現在7チーム、計50人の方に参加頂いています!

「通常業務に追われて、企業リサーチに時間が取れない!」

「新しいスキルや知識を身に着けたい!」という声を形にし、実施しています。

 

現在ある7つのスキルアップゼミの中から、2015年4月から新しくスタートしました、

『スマートデバイス向けアプリのマネタイズ研究と実践開発』

の活動についてご紹介します!!!

このゼミでは、スマートデバイスを中心とした次世代のプラットフォームにおけるマネタイズの可能性を探る研究と、

そのために必要なアプリを実際に開発しています!

 

先日、バッカム株式会社 代表 黒川 正裕さん(※1)をお招きし、

話題のVR(バーチャルリアリティ)技術を使って開発した

「スカッシュ風」アプリをみんなで実際にプレイしながら検証しました!

VR2

松田さん写真1

実際に「VR One」を装着して見える世界観は、「夢と現実の間」の空間です

外から見てると少し面白いですね

写真3

ゼミメンバーは、黒川さんに制作秘話を聞いたり、新たなアプリ制作の可能性を再確認し、

とても盛り上がっていました!

 

また本ゼミのテーマの一環として「Android Wear」 & 「Apple Watch」のアプリ制作、技術検証も行っており、

先日行われた1day合宿では、各メンバーの成果発表会や、実際にアプリを制作し

Google Play Storeに1本リリースしました!

自分たちで作ったアプリを実際にスマートデバイスで試し、試行錯誤しています。

ゼミ合宿1

『スマートデバイス向けアプリのマネタイズ研究と実践開発ゼミ』では、

現在下記の3つのテーマで研究をしており、

■スマートウオッチ:位置情報、Beaconを用いたO2Oマネタイズ向けアプリの開発

■スマートテレビ:ゲーム広告と動画広告のテレビ向けの可能性

■スマートグラス:VRの3D世界観の中で活きるサービスと広告の可能性

直近ではスマートウォッチとO2Oマネタイズの可能性をアプリ開発を通してまとめていく予定です。

 

その後はUnityを中心に「VR」の世界観を作り上げる技術を追いつつ、

お試しでプレイできて今後の可能性をしめせるようなモノを制作していきます

最新のスマートデバイスを使った新たな広告配信を目指している

『スマートデバイス向けアプリのマネタイズ研究と実践開発ゼミ』、今後の活動も楽しみです

今後も様々なゼミ活動の報告をしていきたいと思っていますので、楽しみにしていてください☆

 

※1 黒川 正裕さんのご紹介

今回、沖縄よりいらしてくれたバッカム株式会社の黒川 正裕さんは、

『Rovy』というスマートフォンアプリ向けの全く新しいイシュー・バグトラックシステムをサービス展開しています。

スマートフォンを直接PCと接続した状態でなければ出来なかったバグ報告が、

開発中のアプリから直接送信することが可能です。

バグ報告時は「スクリーンキャプチャ」(キャプチャ上に手書きでメッセージ入力可能)や

「デバッグログ」などを添付することができ、報告されたバグの内容はチケット化され、Web画面より確認ができます。

連携可能なイシュートラッキングシステムやチャットサービスも豊富です。

『Rovy』詳細動画: